カミソリの使い方のクセ

カミソリの使い方のクセ

たとえばカミソリで脚のムダ毛を処理する時、足首の方から膝の方へ向かってカミソリを使うとムダ毛が根元まできれいに剃れるので仕上がり具合に満足できるのですが、そういう剃り方をすると肌に良くないから上から下へ剃ることを勧められます。

はじめは膝の方から足首の方向へとカミソリを動かしてムダ毛の処理をするのですが、その剃り方が肌を傷めにくいと知っていても、わたしはついつい足首の方からカミソリを上に向かって使ってしまいます。

半分は無意識の状態で、後の半分は何度やってもきれいに剃れないからついつい下から上へ剃りあげてしまうのです。
「肌に悪いんだろうな・・・」とか、「この後肌がヒリヒリするんだろうな・・・」なんて考えながら、それでもその時にキレイな方がいいと思って下から剃りあげてしまうのですが、やはり剃り終わった後かなり肌がヒリヒリして刺激があるので、そういう剃り方は肌の大きな負担になっていると改めて感じています。